屋根塗装の施工事例

鹿児島県鹿児島市 Y様 外壁塗装 屋根塗装

壁下地:サイディングボード
屋根下地:スレート葺板(コロニアル)

鹿児島県鹿児島市 O様 外壁塗装 屋根塗装

木造住宅

壁下地:サイディングボード
屋根下地:スレート葺板(コロニアル) 

 

鹿児島県鹿児島市 G様邸 外壁塗装 屋根塗装

木造住宅

壁下地:モルタルリシン/洗い出し
屋根下地:セメント瓦

鹿児島県鹿児島市 A様 外壁塗装 屋根塗装

木造住宅

壁下地:サイディングボード
屋根下地:スレート葺板(コロニアル)

鹿児島県鹿児島市 冠八屋様 外壁塗装 屋根塗装

軽量鉄骨

壁下地:サイディングボード
屋根下地:ガルバリウム鋼板 

鹿児島県鹿児島市 S様 外壁塗装 屋根塗装

 

軽量鉄骨住宅

壁下地:サイディングボード
屋根下地:スレート葺板(コロニアル)

鹿児島県鹿児島市 F様 外壁塗装 屋根塗装

鹿児島県鹿児島市にお住まいのF様より外壁塗装、屋根塗装のご依頼がありました。

 金属パネルと丸太を使用した門構でしたが、丸太の塗装が剥げてひび割れがあり、金属部分も塗装が剥げてサビが進行している状態でしたので塗装のみで修繕することは困難と判断。サントウ板貼り工事を進めることとしました。

サントウ板とは窯業サイディングボードの種類の一つで、使用する板の寸法が3尺×10尺なのでサントウ板と名付けられました。既存の金属パネルと丸太を撤去したのちにこのサントウ板を通気工法にて貼り付け、ダイヤスーパーセランソフィアで塗装をしました。

サイディングボードには通気工法と直貼り工法があり、通気工法はサイディングと建物の間に空間を作り水分を外へ逃す逃げ道を確保する工法です。直貼り工法はこの空間を作らずに直接サイディングと建物に貼り付ける工法です。直接貼り付けた方が楽ではあるのですが、逃げ場を失った水分がサイディングに吸収されてしまいサイディングが浮いたり劣化スピードを早めるというデメリットがあります。そのリスクを避けるために今回は通気工法を選択させていただきました。

 

見違えるように綺麗になったと喜んでいただけました。外壁塗装は定期的にメンテナンスを行うと綺麗な状態を保つことができ、余計な修繕費がかかることがなくなるのでコストカットに繋がります!また何かありましたらよろしくお願いします。

鹿児島県鹿児島市 O様邸 外壁塗装 屋根塗装

鹿児島県鹿児島市のO様より外壁塗装と屋根塗装のご依頼です。

既存のサイディングボードの外壁にはトップコートが劣化したことにより落ちにくくなった汚れや雨だれの跡が目立っていました。外壁には

トップコート劣化の目安は以下です。

・チョーキング
・塗膜の色あせ
・汚れが落ちにくい

などの症状があればトップコートが劣化しているサインです。

早い段階で劣化を発見できればトップコート塗装のみで対応が可能です。しかし、今回の場合はトップコートは完全に剥がれ、塗膜にもダメージが見られる状態だったため塗装をする必要がありました。

今回の塗料はダイヤスーパーセランソフィアを使用。

ダイヤスーパーセランソフィアは無機塗料に分類されます。無機塗料は紫外線に強く、耐用年数が高いため、近年人気が出ている塗料です。無機塗料にもいろいろありますが、ダイヤスーパーセランソフィアは発色性と柔軟性に優れた塗料です。

御所望のツートンカラーになり気分も一変できたと大層喜んでいただけました!高級感が出てより素敵なお家になったのではないでしょうか。また劣化症状が見られたら早めにご連絡いただけるようにお伝えし完工とさせていただきました。ありがとうございました。

鹿児島県鹿児島市 H様邸 外壁塗装 屋根塗装

鹿児島県鹿児島市にお住まいのH様より外壁塗装と屋根塗装のご依頼がありました。

既存のモルタル外壁にはチョーキングと塗膜の剥がれがあり、屋根材の平板瓦にも色褪せがあったため塗装をご依頼。塗料にはダイヤスーパーセランをご提案させていただきました。瓦屋根には塗装は必要ないのでは?と思う方もいると思いますが、塗装が必要か不要かは瓦の種類によって違います。

瓦には以下の種類があります。

・日本瓦
・陶器瓦
・いぶし瓦
・セメント瓦
・モニエル瓦

日本瓦、陶器瓦、いぶし瓦などの粘土瓦は塗装をしなくても問題ない場合が多いです。しかし、セメント瓦やモニエル瓦はセメントからできているため、外壁のモルタル同様塗装が必要となります。今回依頼いただいた瓦はセメント製の平板瓦なので、定期的に塗装をすることで綺麗な状態を保つことができます。

また、瓦の形状には以下の種類があります。

・和瓦(J型)
・平板瓦(F型)
・スパニッシュ瓦(S型)

既存の屋根材の平板瓦はF形瓦とも呼ばれており、その由来はヨーロッパから輸入した最初の瓦がF字形をしていたことによるものだそうです。通常、瓦は波打った形状をしているのが通常ですが、平板瓦は凹凸がなく平坦な形状となっています。太陽光で発電するソーラーパネルを設置しやすく馴染みやすいため、ソーラー発電をご希望の方から選ばれやすい瓦です。

お客様は塗りたての外壁と瓦を見て、新築のように綺麗になったと喜んでいただけました!また何かありましたらご連絡ください。

鹿児島県霧島市 O様 外壁塗装 屋根塗装

鹿児島霧島市にお住まいのO様より外壁塗装と屋根塗装をご依頼いただきました。ずっと塗装をしようと思っていたけれどなかなか時間の都合がつかずやっと依頼できたとのことでした。

見た目ではあまりわかりませんが、色褪せ、表面の石がポロポロ取れるなど劣化の症状が見られたのでダイヤスーパーセランにて塗装をさせていただきました。

アスファルトシングルとはガラス基材にアスファルトを浸透させた屋根材のことで、海外でのシェアが高い屋根材です。洋風でおしゃれな印象を与えることができるので日本でも人気が上がってきている屋根材になります。

黒がしっかりと映える素敵な塗装ができたと思います。ありがとうございました!

お見積りのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

地元密着で安心施工

鹿児島のお客様の声

top